育児

新年度にあたって

昨年の3・11東北地方大震災では多大な犠牲を払い多くの命が奪われました。
今でも住む家がなく困っている人たちが数多くいるなか、今こそ日本が一つにまとまっていかなければならない時期であると考えます。

私たちはそのことを教訓として命の大切さ、人と人との心の絆、生きるために希望と勇気、多くのキーワードが生まれました。
しかし今の社会を見ているとどうでしょうか。政治の世界でははっきりとした政策が行われず政党間の非難合戦。
色々なやり取りが行われているが国民のことが本当に考えられているのでしょうか。疑問に思ってしまう・・・。

福島原発の問題にしてもそうです。さまざまな情報が流れどれを信じていいのかわからなくなってしまうのは、私だけではないと思います。
ですが、私たち、とくに子どもたちの命が脅かされているということだけは、はっきりとわかっています。
しかし、今回の原発事故からではない、事故以前より、たばこの害、工場排水や農薬問題、排気ガス等の多くの問題があるのです。
それだけではありません、メディア等による心の公害も大きな心配であると思います。

子どもの心の発達段階を考えず、商業ペースでコンピューターゲームがどんどん販売されている。
攻撃したり、倒すことによりポイントを重ねていくものが多く子どもたちの脳がどんどん侵される。
教育現場で「思いやりの気持ちを持と!人にやさしく♪」と言ってもただ、むなしく聞こえるだけなのです。

また、便利な社会になったおかげで子どもたちから奪われたものは多くあります。
工夫する力、頑張る力、我慢する力、創造する力、考える力などです。

国の政策でも子ども子育て新システムのようにはっきりとした内容がわからないまま独り歩きし、現場はあたふたしているような状態です。
子育てサービスの名のもとに、働く親の支援が前面に出され、子どもたちの心の問題については検討されていません。
子どもたちの心は置き去りにされ、大人中心の考えで教育がサービスに代わり、家庭の崩壊、教育の崩壊につながっていくような気がしてならないのです。
私たち教育者はもっと子ども達の姿を見つめ、目に見えない心の育ちを大切にしていく必要がある。そう思っています。

もう一度原点に立ち返ってみたい。

 そして、原発事故による放射能汚染についても気にしなければいけなく、木の実幼稚園では自然を大切にした保育に重点を置き、自然の中で思いっきり遊べる環境を整えていますが、かえって森や林が射能を吸収しやすいという報告もあって
、今年は放射線計測機を購入しました。少しでも保護者の方たちの安心材料となればいいと思っています。

1月に入り測定した数値を掲載しましたので、気になる方はご覧いただければと思います。
園庭では地表、地上1メートルと水がたまりやすい場所も含め測定、森は、窪みや、実際に水が溜まっている場所や水が溜まりやすい場所、各遊具周辺を計りましたところ、国の基準値よりもかなり低い値でした。

現在、原発の状態が落ち着いているとのことですので、原発の動向に気を留めながら、今後は1か月に1回のペースで測定していこうと考えています。
あまり神経質になりすぎると心のストレスになってしまう恐れもありますので、ニュースや国の発表、天候などを踏まえつつ、必要に応じて測定日を多くすることを踏まえ、定期的に発表していきます。

2012_01sokutei

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ウェブページ

無料ブログはココログ