ゼミキャンプを終えてⅡ

 10月14日15日に行われた育英短大のゼミキャンプの2日目についてお知らせします。

前日園長は野外の屋根あるステージの上で寝ました。寒さを予想して夏用の寝袋と3シーズン用の寝袋を重ねて寝ましたが、夜が更けるにしたがってだんだん寒さが増してきました。寒くて目が覚めたので何枚か重ね着をしてやっと落ち着きましたが、時々子どもたちがトイレに起きそのたびに学生が付き添ってトイレへ行っていました。学生も本当によくやってくれています。なんとなくうつらうつらと寝ていると、自動車のエンジンの音で目が覚めたらパン屋さんが朝食のホットドック用のパンを配達してくれました。時間を見ると朝の6時。起床時間は6:30分なのですが、目が覚めたついでに火を起こしておこうと半割のドラム缶に火をおこしました。朝食は牛乳パックドックで、ホットドック用のパンに野菜やウインナーを挿んで、アルミホイルで巻いてさらに濡らした新聞紙を巻いて牛乳パックに詰め込みます。それを焚火に放り込んで牛乳パックが焼けたら出来上がり。という簡単な朝食です。

 6時半を過ぎたころ子どもたちも起き始めワイワイガヤガヤとにぎやかになってきました。子どもたちはとても元気です。それぞれ洗面をしてエプロンをつけて朝食準備です。グループごとに分かれ、ホットドックを牛乳パックに詰めていきます。それを焚火に放り込んで牛乳パックが燃えたらヒバサミでホットドックを取り出します。そうなると誰のかもわからなくなってしまうので取り出した順から適当に食べていきました。結構おいしかったです。中にはトマトは嫌いと言ってトマトだけ取り出して食べている子もいました。頑張って食べるように話したら頑張って食べる子もいましたがどうしても食べられないという子もいました。なるべく食べさせたいと思って「食べてみよう」と進めてみましたが頑として食べようとしませんでした。そしらた近くにいた女の子が「私が食べてあげる」といってその子の代わりに食べてくれました。食べてもらった子は「ありがとう」と嬉しそうに話していました。

 朝食を食べ終わり片づけをしている頃にぽつぽつと雨が降ってきました。大慌てで片づけることになったのですが、あらかじめ雨対策で張っておいたシートが役に立ちました。かなり降ってきたので外で遊んでいた子もシートの下にはいってきました 。予定では外でネイチャーゲームを行はずでしたがこの雨ではできません。昼食は遊ぼうパンの予定なのでこれから篠を取りにいかなければならないのですが、結構な雨が降っているのでそれも大変だなあと考えていました。学生とどうしようかと考えたところ、午前中のプログラムは無しにして幼稚園の遊戯室で過ごそうということになりました。そこで帰る用意をして荷物を全部まとめておこうということになりました。全員が今までの荷物をまとめテントの中やティピーの中、キャビンの荷物を全部まとめました。テントを片付けようと思ったけど雨が降っていてぬれているため片づけることができないのでそのままにしておくことになりました。(ちょっと心配なのだけど)少し雨が弱くなってきたのでワゴン車に荷物を詰め込みました。帰りの時間も早めたので、お昼を変更し幼稚園のピザ窯でピザを作ろうということになりました。その頃、参加していた幼稚園の園長先生が様子を見に来てくれたのでついでに手伝いをお願いしたところ快く手伝ってもらいました。

 雨も小降りになったころ雨具を着て歩いて幼稚園へ移動です。その間に、鍋や道具を洗う係りと子どもたちと歩く係りで分かれて仕事をしました。雨なので早め早めの行動をしようと話し合い学生たちもよく動いてくれました。

 幼稚園へ戻るとみんなでピザの用意。あらかじめ学生が用意してくれたピザ生地を丸めて発呼させます。かまどの火は遊びに来た園長先生に任せ、ピザの材料つくりと子どもたちの遊び相手に分かれました。2時過ぎに準備ができたので、ピザを焼きはじめます。とっても上手においしく出来上がりました。帰りの時間も迫っていたので焼けた順にピザを食べ始めます。とってもおいしく、お店のピザに引けを取りません。ピザ窯の威力に驚きです。

 そのうち保護者の方がお迎えに来はじめたのでグループごとに並んで森の幼稚園の修了式の準備です。修了式では学生手作りの修了証書を一人一人に手渡し握手をして終わりました。子どもたちも学生も充実感でいっぱいだったような表情でした。雨が降る中、一日目の午後から2日目の午前中まで雨も降ることなくできたことを心から感謝です。とってもいいキャンプでした。

 また、参加してくれた子どもたち一人一人に感謝の気持ちでいっぱいです。一生懸命頑張ってくれた学生たちにも心からごくるさまとありがとうという言葉を伝えたいと思います。とってもいいキャンプでした。

 一つだけ大変だったことはキャンプ中に、今まで13年間飼っていた愛犬が危篤状態になってしまい病院へ連れて行ったり、したことです。キャンプ中なので学生や子どもたちのことも気になるし、犬のことも気になるし、時々病院へ行ったりキャンプ場へ来たりと落ち茎のない2日間でした。結局次の日、愛犬のムサシは13年間の務めを終えて天国へ旅立っていきました。そういう意味でも思い出深いキャンプとなりました。

                                               園長

台風に伴う休園のお知らせ

 明日、10月23日(月)は大型台風接近のため臨時休園にします。大変申し訳ありませんが各自でご家庭にてお過ごしください。ちなみに前橋市、桐生市、伊勢崎市の小学校、中学校も臨時休校になります。午前中には台風は通過するということですが強風が残るという予報ですので安全性を考えて休園としますことをご承知ください。

 なお、つくしんぼクラブも予定していましたがお休みとさせていただきます。知り合いの方で参加予定の方々がいましたら連絡をしていただけますようお願いいたします。

 24日(火)の保育参加は予定通り行います。帽子、長靴、軍手を用意してください。ぬれる可能性もありますので着替えもあるといいですね。宜しくお願い致します。

                                           木の実幼稚園 園長

今日(10月22日)のプレフォのついて

今日のプレイフォレストは稲刈りを予定していましたがこの雨のためできませんので中止とします。とっても残念ですが各自おうちでゆっくりとお過ごしください。次回は森の結婚式です。どうぞ参加してください。 木の実幼稚園 金子

ゼミキャンプを終えて

10月14日・15日と遊びの森キャンプ場で育英短期大学の教職実践演習という授業の一環で、金子が受け持つゼミの学生13名と群馬県内6園の幼稚園にお願いして参加してもらった41名の年長児たちが、森の幼稚園教育キャンプと銘打って一泊のキャンプをしました。参加した幼稚園は木の実幼稚園、高崎健康福祉大付属幼稚園、高崎商科大佐藤幼稚園、安中二葉幼稚園、いずみ幼稚園、大利根育英幼稚園の個性豊かな年長児たちです。

 この日は朝から雨、10時に木の実幼稚園のホールに続々と集まってきた子どもたちと保護者の方たち、学生による森の幼稚園の入園式を行いました。6のグループに分かれそれぞれ学生がグループ名を付けました。その後あらかじめ切り出した竹を使って、のこぎりと鉈でお皿とコップをグループごとにつくします。学生もあらかじめ刃物の使い方を練習し本番に臨みました。雨が降っていたので幼稚園のテラスを利用してそれぞれが頑張りました。そのうち雨がやんできたのでお昼を食べてからキャンプ場へ徒歩移動します。キャンプ場では寝る場所の確保です。テントを張る人、キャビンで寝る人、インディアンティピーで寝る人。それぞれ希望を取って寝る場所確保しました。やっぱりキャビンで寝る人が多くちょっと大変でしたが何とかなったようです。その後予定していた食材さがしハイクは雨で下草がぬれているので中止にしてちょっと休んでから夕食の準備です。夕食のメニューはカレーライスです。グループごとに野菜を切る人、お米を研ぐ人。かまどに火を起こす人。などなど全員で用意をしました。その間も雨が降らずに順調に夕食の準備ができました。その中でちょっとびっくりした子供の一言。「火を初めて見た」という子がいました。「ああ、なるほどな、最近の家庭ではIHコンロを使っている家庭も少なくないはず。火を見たことがないというのもなんとなくうなずけるな」と思いました。暗くなった中でみんなでカレーライスをいただいて、「おいしい」と言いながら食べることができました。その後は時間が押してしまったので予定していたキャンプファイヤーは中止にして、夜の探検に全員で出かけました。夜の探検と言っても懐中電灯を持たずにおさんぽです。日頃明かりの下にいることに慣れている子どもたちですが、真っ暗な中でも目が慣れると周りが見えてくるという夜の明るさに気づくことができました。この日はドラム缶風呂もできなかったので、全員でキャビンに集まって絵本を学生に読んでもらってからそれぞれが眠りにつきました。ティピーとテントの人たちはとても寒かったと思います。実は園長も外で寝ましたが寒くて寒くて何枚も重ね着をして寝袋の中で眠りました。夜中の12時や1時過ぎにおしっこにいく子どもたちに付き添って学生もあまり眠ることができなかったようです。学生もとっても頑張りました。

明日の稲刈りについて

予定していた明日の稲刈りですが、雨が続いているため行うことができませんので、明日は稲刈りを中止としたいと思います。次回は10月27日(金)に行う予定です。お手伝いを申し出てくださった方については大変申し訳ありませんが宜しくお願い致します。稲刈りはバインダーを利用してします。子どもたちは手刈りと稲運びをしてもらいます。手伝ってくださる保護者の方には子どもたちが刈った稲をまとめて縛っていただき、子どもたちが運んだ稲をはざかけに干していただけますようお願いいたします。人数がいてくれればいてくれるほど助かりますので宜しくお願い致します。

«来年度より新制度に移行します

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ